誰でも猫田のことが気になって仕方ない要素に理解出来る戯画

バディゴ!を読み始めると、まずはアイというダンサーが、あんまり格好良く踊っているので、思わず見とれてしまいました。この人、中高生の間で人気の声HPで話題になっている、正体がわからないダンサーだったりします。およそ、すぐさま題材バレを通じてくれるのが、こういうバディゴ!のマズイ店だと思いました。アイの正体は中学生二クラスの雫石愛という女の子だったりするんですよね。普段は己を表現するのが不器用すぎて、はっきり言って舞踏以外は何もできないギャルだ。あんな自然間柄小児もウィッグを装着したら、すぐさま男前の少年に変身するから驚きますね。亭主のそばきーちゃんがアイの採集を担当していて、舞踏の王子様と言われているハヤテに勝利する事が内容とか言っています。そんなにぶきような愛くるしいだけのギャルが、性別まで偽って舞踏で絶頂を目指すとか、たまたま愛らしいですよね。ちなみにハヤテは、舞踏は超強いけど女好きで困りものですとかいう用意なのも熱いだ。でも、そういった両者が、すぐに遭遇してしまうから可笑しいのです。ほぼ、ふらっとアイのクマ君ボトムスを見られながらというのも楽しげでおすすめですね。ハヤテは実はアイに注意があって探しに来たとかいうから、ご形態会話に見えるね。でも、その直球さが、下手に捻るよりも良いのです。この後の成長が迅速過ぎて、微妙に付いて行けなくなりそうなのも、ある意味新鮮で良かったです。おいおい、初経験のあしたに、こういう両者がアイドルというかダンサー群れ結成とかアルティメットですね。だがしかし、相部屋の寮へぶちこまれてしまうから一大のです。アイは普通に女の子なので、これは波乱の予感しかしませんよね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする